女性のてんかんについて

てんかんを持っている女性は結婚後の妊娠などに悩んでしまうと思います。てんかん薬を服用していて妊娠してしまうと胎児への影響などを考えなくてはいけません。こちらでは、女性のてんかんについてご紹介していきます。

てんかんに悩まされる妊娠女性のイラスト

てんかんでも妊娠は可能なのか

てんかん患者は、結婚する際に妊娠に関する不安を抱えていることが少なくありません。
最も多い悩みが子どもにてんかんが遺伝しないかということです。
遺伝するとされるのは、家族性本態性ミオクローヌスてんかんや、歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮性、ミトコンドリア脳筋症です。
しかしこれらは極まれな病気です。また親子や祖父に渡って代々発症している家系がほとんどないことから、遺伝する可能性は極めて低いです。
妊娠中は子どもに抗てんかん剤が影響しないかを考慮しなければなりません。
現在は胎児に悪影響を与えるか十分な解明がなされていません。
しかし複数の薬を服用した妊婦から生まれた子どもは、薬を全く服用しなかった子どもと比べると健康上の問題が多い傾向があります。
また妊娠中に大きな発作を起こすと、胎児の脳が低酸素状態に陥るという報告があります。
妊婦が薬の中止を希望する場合は、一般的には発作の種類にあった薬や、症状から判断して最も有効とされる薬だけを残し、服用する薬を減らす方針が取られます。
発作が起こらない人で、特発性小児良性てんかんと診断された場合は、薬を止めてもそれほどリスクを伴いません。
しかし治療中であっても意識障害を伴う痙攣や発作がある患者は、妊娠しても積極的に治療に専念することが優先されます。
抗てんかん剤を服用すると、血中の葉酸濃度が低下することがあります。葉酸の欠乏は胎児の発育に悪影響を及ぼすため、葉酸の補充を行います。
胎児の成長は受精した直後から始まり、妊娠3ヶ月までに重要な臓器が作られるので、妊娠する1ヶ月前から葉酸を積極的に摂取する必要があります。
抗てんかん剤があれば、妊娠中の発作は起こりにくく、出産後の授乳も問題ありません。

てんかん持ちの出産方法

てんかん持ちの女性であっても、実際のところはほとんどの人が自然分娩という出産方法で赤ちゃんを産んでいますので、過度に心配をする必要はないといえます。
しかし、それでは分娩中にてんかん特有の発作が起こってしまった場合でも大丈夫なのかといえばそうではなく、赤ちゃんが低酸素状態におちいってしまい、脳に障害が出てしまうといったことや、切迫流産という結果になってしまうことも考えられなくはありません。
こうしたコントロールがむずかしい発作を抑えるための有効な方法は、やはり、抗てんかん薬の服用ということになりますが、抗てんかん薬には催奇形性があるとされており、みつくちとよばれる、ウサギのような裂けたくちびるの赤ちゃんなどが産まれやすいということもわかっています。
こうした場合、出産方法の選択というよりも、むしろ抗てんかん薬を使うかどうかという選択となってきますが、基本的には、抗てんかん薬を飲まなかった場合に起きるであろうリスクと、飲んだ場合に起きるであろうリスクを比較検討して、どちらのほうがより重大であるかによって判断するということになります。
そこで、一般には分娩中であっても抗てんかん薬をしっかりと服用し、発作の懸念をなくしたうえで臨むということが多く、赤ちゃんのほうにも出血防止のためにビタミンKの投与を行うといった処置がとられます。
当然ですが、てんかんの主治医と産婦人科医との連携が特に重要となってきますので、あらかじめ主治医に紹介状を書いてもらうなどはしたほうがよいといえます。
いずれにせよ、過度におそれるのではなく、正しい知識をもって、適切な準備をしたうえで出産をするということがたいせつとなってきます。

てんかんによる出産ごの注意

てんかんという病気を抱えている女性がこれから出産をしようとする場合には、あらかじめ、ある程度の知識をもって臨んだほうがよいといえます。
てんかんであっても出産はもちろん可能ですが、分娩中に発作が起きてしまった場合などには、せっかく身ごもったのに流産してしまったり、あるいは胎児の脳に酸素が行き渡らずに障害を抱えてしまうといったことにもなりかねませんので注意が必要です。
こうしたことから、服薬した場合とそうでなかった場合のリスクを比較検討の上ですが、いつも飲んでいる抗てんかん薬を継続して服用して、発作がおきないようにして出産をするというのが普通です。
出産に際しては、てんかんの症状や服薬に関連して、てんかんの主治医と、分娩に立ち会う産婦人科医との連携がとれていることが不可欠となってきますので、事前に主治医に紹介状を書いてもらうなどの対応が求められます。
また、てんかんにより服薬している女性は、葉酸のような栄養素が不足してしまうことも懸念されますので、妊娠中の時期からサプリメントのようなものでおぎない、胎児への影響をなくすといったことも必要になるかもしれません。
さらに、てんかんという病気が胎児にも遺伝してしまうのではいかという不安を抱える人も多いとみられますが、遺伝するのはごくわずかであり、一般に病気そのものが遺伝をするということは、あまり考える必要はありません。
しかし、こうした不安を払拭したいのであれば、病院などが開設する遺伝カウンセリングのような機会をとらえて、実際にどの程度の確率で遺伝するのか、遺伝した場合の障害にはどのようなものがあるかなどの疑問点を相談し、問題をクリアにしておくというのもたいせつなことといえます。